その他

YouTubeにおすすめのカメラと照明は?

公開日: 2020年6月9日  更新日: 2020年6月9日




YouTubeにおすすめのカメラと照明は?

どうも!こんばんは!

今回は、『YouTubeにおすすめのカメラと照明の紹介』をしていきます

 

と言っても

 

僕は、プロのカメラマンではないです笑
この前提でお話ししていきますからね!

 

↓  詳しくは、YouTubeで動画を上げているのでチェックしてみてください!

 

このくらいの動画のクオリティを出すのには、これくらいの機材でいけるんだなっていう参考になれば嬉しいです!!
特に、YouTubeで動画を上げるようになってから『どういうカメラ使っていますか?』『照明はなに使ってますか?』とよく質問されるようになったので、まとめてみました!

参考になれば嬉しいです!!


①カメラの種類について

・スマホ

普及率を考えると「誰でも手軽に」使えるので良いですね!!
特にハイエンドスマホのカメラは最近すごいですよね!!

ただ『細かい設定がしにくい』『音声はまだ微妙かも?外部マイクの方がいいかも?』と思いますね

特に、iPhone11 Proとかは発売当時からYouTuberにも人気でしたね!

 

・アクションカム

『手ブレ補正』『コンパクトさ』がいいです
手ブレがスムーズになるとそれだけで動画のクオリティが上がります

レンズやカメラボディ、ジンバルやスタビライザーなどで手ブレ対策をすることが多いと思いますが・・・
機材がコンパクトではないんですよね

僕は、GoPro HERO 8使ってますが、手軽に使えて気に入ってます!!


GoPro HERO8 Black

しかし、『画質』『音質』は良いカメラと比べるとイマイチかもです・・・

 

 

・ビデオカメラ

普通に良いと思います!
しかし、僕は持ってないんですが・・・
長時間の動画を撮るという意味では、安定してますね!

値段も安くてビックリ!!

パナソニック HDビデオカメラ 

 

・一眼カメラ

こだわって撮るなら『レンズが交換できる』という点で良いと思います!
『動画の連続撮影時間に制限があるかないかモデル』かは要チェックです
あと、熱暴走で長時間撮影できないモデルもあるようです

背景をボケさせたい

log撮影して、カラグレしたい

みたいなこだわって撮れるのにはおすすめですね!
いろんな意見がありますが、『カメラのボディよりレンズにこだわるべき』という意見もありますね
結構、一眼を始めると沼が待ち構えています笑

僕はこれ使ってます!!コンパクトさとAFが魅力的!!
ソニー ミラーレス一眼 α6400 

 

照明について

プロのカメラマンほど『照明が大事』と言われることが多いように思います
どんなに良い機材をつかっても、まずは良い画が大事ということでしょう

・被写体

・構図  などを機材を使う前に考えた方が良いです

被写体にちゃんと光が当たっているかは、大事です!
自然光で十分な明るさを確保できる撮影ができると簡単だと思いますが・・・

影が出てしまうとかありますよね

 

そこで、照明が必要になります
ここらへんは、専門ではないですが・・・

使っているものを紹介しておきます!!

 

僕のYouTubeチャンネルではこれを使ってます!コンパクトですね

LPL LEDライトディフューズ VL-D1160XPC

 

 ある程度ちゃんと撮影するためのセット!

Neewer 3パック 二色660 LEDビデオライトとスタンドキット 

 

撮影の照明は、3本が良いらしいです
空間の奥行き感を表現するためには大切だとカメラマンの方に教えていただきました

あと、安いLED照明というは『発熱』が大きいらしいです
小さい部屋で使う際には、気をつけた方が良いらしいです


まとめ

今回は、『カメラと照明』を何を使っているのかということをまとめました
SNSで質問されることも多かったので、少しでも参考になれば嬉しいです!!
いくらでもお金をかければ、良い機材はありますが・・・
どれくらいの映像を作りたいのか、費用対効果などが気になりますよね

僕も中の下くらいの映像だと思いますが笑
少しずつ勉強しながら、技術と機材も揃えていけたらと思います!!

また質問などがあればお気軽してくださいね!!


The following two tabs change content below.

Shinki Takahira

サウンドクリエイター&エンジニア
【Works】 レコーディング / PA・SR / オケ制作 / 作曲 / アレンジ / ギター、ドラム、DTMレッスン

コメントを残す