音響(PA/SR)関係レコーディング(DTM/DAW)

【レビュー】RODE / NT5〜コスパ最強ペンシル型コンデンサーマイク〜




【レビュー】RODE / NT5〜コスパ最強ペンシル型コンデンサーマイク〜

どうも!こんにちは!
今回は、『RODE/NT5』のレビューをしていきます

RODE ( ロード ) / NT5

もう何年の付き合いになるかわからないですが、すごくお世話になっているマイクです
ライブからレコーディングまで使えるスモールダイアフラム、ペンシル型のコンデンサーマイクです
コスパが最強だと思いますね
では、NT5の何が良いのかを書いていきたいと思います!


①値段が安い

スモールダイアフラムの定番といえば、たぶんAKG / C451Bだと思います
多くのホール、スタジオ、ライブハウスで見かけるのは、C451Bでしょうが・・・

 
C451Bの一本分くらいの値段で、マッチドペア(二本セット)が買えます!


RODE ( ロード ) / NT5 Matched Pair

Matched Pairというのは、二本の個体差がほとんどないという保証付きのセットです
Matched Pairは、普通に一本売りを二本買うより高いですね
そんな保証付きのものが買えちゃうコスパの良さ

 

②保証がすごい

だいたいの安いものって保証が悪いとか信頼性が悪いみたいなことありますが・・・
なんと「10年保証」ですよ!
どれだけメーカーが自信を持って作っているのかということを感じますね
結構、RODEって映像関係の人も使っているように思いますし、信頼性も高くなってきて、普及しているんだろうなぁと思います

 

③音も良い

AKG/C451Bと比べると、違うキャラクターなので、比べること自体がうーんって気がしますが・・・
C451Bの方が『空間が取れている印象、少しおとなしめ?』で、NT5は『前に出るような、はっきりした、輪郭が見える印象』でした
マイクの距離によって音の感じが変わるわけですが、C451BとNT5で良いセッティングは違うかもとも思いました

ライブでは、『ドラムのトップ、ハイハット』『ピアノ』『ギター』に使ったことがありますが、いい感じに前に出る感じです
ドラムのトップで使うのが好きですね
ピアノは、バンドものではっきりした輪郭が出て良いと思いました
ギターは、ストロークに合うなという印象でした

レコーディングでは、オフマイクからオンマイクなどで「とりえず予備で立てとこうか!」って考えて録ったら、ミックスのときに「めっちゃ元気な感じがする!」って使ったりします

あと、演劇などで客席のセンターからステレオで集音したら、意外にも声が聞き取りやすいと思いました

 

④ステレオ録音の良さを教えてくれる

みなさん、2本同じマイクを持っていますか?
しかも、その2本の特性は同じですか?
メーカーの保証付きのセットですか?
だいたい高いマイクって1本しか買えないですよね・・・
でも、2本のマイクって楽器の空間を録れて良いんですよね
オンマイクとオフマイクでも良いですし、上下、左右などいろんなセッティングで楽器の録れ方が変わります
初めてアコギを2本で録ったときなんて感動しましたねぇ
とりあえず、ステレオで録音してみたいって人に特にオススメしたいマイクです!


まとめ

NT5は、ライブからレコーディングまで使える『コスパ最強のスモールダイアフラム、ペンシル型のコンデンサーマイク』です!
音も元気な感じ、前に出るような印象でした
定番のものと比べるとびっくりするくらい安くて、10年保証はすごく安心できます
DTMでステレオ録音したい人、PAでステレオマイク探している人に、まずおすすめするのは、『RODE/NT5』だと思います!

【1本】RODE ( ロード ) / NT5

【2本セット】RODE ( ロード ) / NT5 Matched Pair



【レビュー】RODE / NT5〜コスパ最強マイク〜

The following two tabs change content below.

Shinki Takahira

サウンドクリエイター&エンジニア
【Works】 レコーディング / PA・SR / オケ制作 / 作曲 / アレンジ / ギター、ドラム、DTMレッスン

コメントを残す