ギター関係

【Rolandの定番ギターアンプ】JC-120,JC-40,JC-22




【Rolandの定番ギターアンプ】JC-120,JC-40,JC-22

どうも!こんにちは!
前回は、Rolandのギターアンプのラインナップを一通り紹介しました

【前回の記事】Rolandのギターアンプをおすすめします!

今回は、Rolandの定番ギターアンプJC-120,40,22の使い方などのおすすめのポイントを紹介していきます!
JC-120が定番ですが、その他にもバリエーションがありましたし、今もあります!
以前は、JC-160など大型のものもありました

JCシリーズの歴史については、こちら(公式ページ)

 
現行モデルは、『JC-120』『JC-40』『JC-22』です
JC-40とJC-22が発売されたのは、比較的最近ですね

 

 

 

今回の記事

JCシリーズの
『なぜ、おすすめなのか?』
『おすすめの使い方』
『JC対策とは?』
『それぞれのモデルの違い』

についてまとめていきたいと思います


① なぜ、おすすめなのか?

まず、『安い』『丈夫』『音が素直』というポイントが大きいでしょうね!
チューブアンプは高いものが多いですし、メンテにお金がかかりますが、JC-120は比較的メンテもしなくて良いですし(全く必要ないわけではない)、個体差が少ないですね

たまに、無茶な使い方したんじゃないのかな?っていう疲れたJC-120を見かけることはあります
古いスタジオとかでそういう怪しいアンプを見かけたことはあります
それと、製造年代によってももともとのアンプが違うらしいですね
(厳密な比較とか調査したことはないです)

 

②おすすめの使い方

EQの使い方について

どういうEQ設定がフラットなのか?
『全部12時の設定』『Bass:0,Middle:10,High:0 』の説がありますが、ギターの出音がフラットではないので、そこまで神経質にならなくて良いと思います
出音を聞いて調整するのが大切です!

↓ の記事を見つけたので、またチェックしてみてください

【参考記事】JC-120のフラット論争1

僕の場合は、ギターによって違いますが、『BRI:On,Bass:5,Middle:10,Treble:4』くらいからスタートさせることが多いように思います
個人的にはアンプのEQは、全部MAXに上げてから下げて調整するやり方が好きです

 
チャンネルリンクについて

JC-120には、チャンネル1,2があります
それぞれ2つをつなげるのが『チャンネルリンク』です
音圧が上がったり、それぞれのチャンネルのセッティングで音作りの幅が広がります
僕は、チャンネル2のHighにギターin, Low out → チャンネル1のHighにつなげるのが好きです
ただバンドの人数が多いときには、チャンネルリンクしなくても良いかな?と思います
3ピースとかギターの音圧感とか太さが欲しいとき、『JC-120は細いなぁ』と思っている人に試して欲しいです

 
贅沢な2台使い

なかなかチューブアンプで同じ2台使うのは、難しいかもですが、JC-120なら比較的簡単にできます!
JC-120を2台買う方が、良いチューブアンプ買うより安いかもです笑
最近、Delayとかリバーブでもステレオで出力できますよね?
そのLRを2台のJC-120に入れてみてください!
もう空間が広がって、良いんですよ!
これもおすすめな使い方です
(なかなかできないかもしれないですが、トライしてみてください)

 

③JC対策とは?

エフェクターの紹介でも『JC対策におすすめです』とか書かれていたりしますね
JC-120が苦手という人は、『歪み方が苦手』『音が冷たい』『音のダイナミックスが素直すぎる』みたいな意見が多いように感じます

わかります!

特に、歪み方がチューブアンプとは違いますね
ピッキングの強弱に対する歪みの変化がチューブアンプとは違いますね
でも、そういうキャラクターだと受け入れてあげてください!
それがこいつの良さなんです!
でも、チューブアンプのような音が欲しいときがありますよね?
そういう時は、足元で音を作るしかなさそうです
また次回、JC-120におすすめのエフェクターを紹介したいと思います

 

④それぞれのモデルの違い

JC-120は定番で、ずっと変わらない音ですが、ちょっと今風じゃない部分がありますね
特に歪みとEQの感じですかね
JC-40は、より使いやすい感じになっているように思いました
歪み方とかEQの効きが現代っぽい感じでした
あと、ステレオ入力ができるようになっているのも空間系のペダルと相性が良くなっていて良かったです!
ロック系だとアンプ自体の鳴りが大切だと思いますが、それ以外ならJC-40のマイク録りでも対応できると思いますよ
JC-22は、まだちゃんと触ったことないです
楽器屋さんで他の人が試奏しているのを聴きましたが、なかなか良さそうでしたね
家での練習に置くのに良さそうです!


まとめ

JC-120,40,22の『なぜ、おすすめなのか?』『おすすめの使い方』『JC対策とは?』『それぞれのモデルの違い』をまとめました
やはり定番のモデルなので、ハズレがないですね!
また機会があれば、スタジオなどでもチューブじゃなくて、JC-120も使ってみてください
自宅からスタジオなどいろんなところで使えますし、どこでも安定した音が出せるというのは良いですね
 
【今回紹介したアンプ】

ROLAND ( ローランド ) / JC-120

ROLAND ( ローランド ) / JC-40

ROLAND ( ローランド ) / JC-22




【Rolandの定番ギターアンプ】JC-120,JC-40,JC-22

The following two tabs change content below.

Shinki Takahira

サウンドクリエイター&エンジニア
【Works】 レコーディング / PA・SR / オケ制作 / 作曲 / アレンジ / ギター、ドラム、DTMレッスン

コメントを残す