音響(PA/SR)関係

【レビュー】YAMAHA / TFシリーズ




【レビュー】YAMAHA / TFシリーズ

最近、このミキサーをよく見るようになりましたね

YAMAHA CL,QLシリーズは、日本で1番シェアが高いと思いますし、YAMAHAというと安心・信頼のメーカーですよね!
YAMAHAのM7CL,LS9は、デジタルミキサー(デジ卓)の定番でしたね!
今は、もう生産終了になりましたし、少しデジタルミキサーの機能が古くなってきたので、買換えを考える人も多いかもしれませんね

さて、今回はYAMAHA TFシリーズのレビューをしていきます


1. 値段がお手頃

YAMAHAのCL,QLっていわゆるプロ用なので、一般の量販店では買えないです
値段も100万以上ですしね
TFシリーズは、サウンドハウスとか量販店でも買えます!
デジタルミキサーの値段は、安いものから高いものまでピンキリです
海外製の安いものもありますが、YAMAHAの安全性を考えれば、お手頃な値段ですね!

2. ラインナップが多い

4種類もあるので、用途によってサイズを選べるのも嬉しいですね

基本的な使い方や機能は同じです

 

3. 初めてミキサーを触る人にわかりやすい

最初、TFを操作したときに『これ、使いにくい』と思いました笑
・ボタンが少なすぎる
・操作したいことがどこにあるのかわかりにくい
という印象でしたが・・・

でも、それは他のデジ卓と比較しているからだと思います
たくさんつまみがあると、どこで何を触ったら良いのかわかりにくいと思いますが、TFはシンプルにしているので、初心者向きだと思います
画面をタッチすれば、いろいろ触れるのも簡単だと思います
あと、『ゲイン調整』や『プリセットの多さ』などアシスタント機能も充実すね

4. 便利な機能がいっぱいある

・各チャンネルごとに小型ディスプレイを付いてます!
チャンネルネーム、ポート名、フェーダー値、ファンタム電源、GATE、COMPなども見れます!
もうテープを貼って、名前を書く必要はないですね!笑

・ワイヤレスで調整できる!
もうiPadやPCでミキサーを操作できるのは当たり前になってきましたね!
『TF StageMix』でiPadで遠隔で調整できます
『TF Editor』でPCで操作できます!オフライン状態でPCでシーンを作って、オンラインでミキサーにシーンを送ることもできます
『MonitorMix』でスマホからモニターを調整ができます!ミュージシャンが各自で調整できますね
(ミュージシャンに任せると、モニターの音が大きくなりすぎて危険なので、気をつけて下さい笑)

・レコーディングもできる!
USBで2トラック,PCではマルチトラックレコーディングができます!
これも良いですね!

 

ちょっと残念なところ

・ステージボックスと接続するためには、オプションカードが必要になります
なので、ステージボックスとオプションカードを買うとまぁまぁ良い値段になりますよね・・・

・GEQが12ポイントしか触れません
これについては、ある程度環境が整ったところでは良いですが、かなり削らないといけないときに困りますね

・YAMAHAの他のモデルとの互換性や共通の操作性があまりない
これは、いろんなミキサー触る人からすると困るかもしれません
現地調達でミキサーを借りるときに、TFだと使い方を思い出すのに時間がかかりますね笑


まとめ

今まで何回か使ってきましたが、フリーズするなどのトラブルは全くありませんでした!
さすがYAMAHAという感じですね!
デジ卓初心者の人にも使いやすいと思います
タイミングによっては、展示品とかもかなり値下げしているので、チェックしてみてください!

YAMAHA ( ヤマハ ) / TF1

YAMAHA ( ヤマハ ) / TF3

YAMAHA ( ヤマハ ) / TF5

YAMAHA ( ヤマハ ) / TF-RACK




【レビュー】YAMAHA / TFシリーズ

The following two tabs change content below.

Shinki Takahira

サウンドクリエイター&エンジニア
【Works】 レコーディング / PA・SR / オケ制作 / 作曲 / アレンジ / ギター、ドラム、DTMレッスン

コメントを残す