レコーディング(DTM/DAW)

【レビュー】SoundSpot / VoxBox




【レビュー】SoundSpot / VoxBox

SoundSpot / VoxBox

初めに言っておきますが、ManleyのVOXBOXではないですよ!笑
SoundSpotというメーカーのプラグインです

 
このプラグインの値段は

 
なんと・・・

 

113円でした!!笑
(通常5000円くらいです)

 

もうプラグインの価格崩壊してない?って感じですよね
SoundSpotというメーカーのことはよくわかりませんが、安くなっているものが多いですね
いろいろ使ってみて思うのは、全体的にシンプルで効果がわかりやすいって感じですね!
面白いプラグインが多いです

さて、今回は『VoxBox』のレビューしていきますよ!


まず、紹介動画をどうぞ!

こんな感じのプラグインです!
 

Vocal Thickening??

『Vocal Thickening』というミックスの技法があります
日本語に直訳すると『ボーカル肥厚』になります
(もうちょっと上手くグーグル先生に訳して欲しかった笑)

音を太くするためにはだいたい『ある帯域を上げる』か『倍音増やす』か『音の広げる』っていう感じだと思います

このVoxBoxは、『音を広げる』機能です!

単純にLRのサイドに声を足して、「声を太くしよう」という理論ですね
ショートDelayとかダブラーに近いです
VoxBoxの方がシンプルで簡単に早く調整できますね

 

使い方


SETREO①,②があって、それぞれに『WIDTH(音の広がり)』と『GAIN(広げた音のボリューム)』を調整します

あと、真ん中のつまみでオリジナルの音を大きさを調整できます

ナチュラルにかけたいときは、『WIDTH』と『GAIN』は少しだけで良いです

ちょっと過激な使い方は『WIDTH』と『GAIN』を大きくして、真ん中のつまみを下げます!
そうすると、もともとの声が無くなって、左右のエフェクトの音だけになって、真ん中がスカスカになります


注意すること

いろんなジャンルでこれは使いやすいと思います
だいたいのアルバム聴くと、一曲くらいは、ちょっと機械ぽい不自然なボーカルの曲ありますよね?
そういうときにこれを使うのもありです!

ですが!

これを使うと、ボーカルが聴きやすくなることがありますが・・・
使い過ぎに注意です!

ボーカルが埋もれてしまう原因はいろいろありますが・・・
『音が真ん中に集中しすぎている』ということが多いです!
PANで左右に楽器を上手く分けていないとセンターのボーカルと音がケンカして埋もれてしまいます
他には、『低音が暴れすぎている』『声の帯域と被っている楽器が多い』とかもありますよ

ボーカルをLRにも広げてあげるのがこのプラグインですが、あまりやりすぎると自然な声がなくなってしまいます
ダブラーとか多様しまくりのミュージシャンがいますが、ライブで聴くと全然声が違うので不評だったりもありまよね?
困った時にこれを使ってみるのは良いですが、常に使わないとボーカルが埋もれるというなら、ミックスに原因があるのでそこを改善した方が良いですね!

あと、ボーカルが埋もれる原因が1つありました!
ボーカルの声がカスカスな時です笑
ボイトレ、日々の練習も大事ですね!

VoxBoxは声を、簡単に左右に広げるエフェクター
頼りすぎないように!
自然な声も大切に!

これも中毒性の高い危険なプラグインなので、気をつけて使ってください!

 
【購入は ↓ から】
SoundSpot / VoxBox





 

【レビュー】SoundSpot / VoxBox

The following two tabs change content below.

Shinki Takahira

サウンドクリエイター&エンジニア
【Works】 レコーディング / PA・SR / オケ制作 / 作曲 / アレンジ / ギター、ドラム、DTMレッスン

コメントを残す