ギター関係

Bogner Ecstasy Blue 【レビュー】




Bogner Ecstasy Blue(ボグナー エクスタシーブルー)

前回に引き続き「エフェクター」紹介です!

私は、直列で必要なものを必要なときに繋いで使う派です!

 

↓ ある時のマイペダルボード

 

私がよく使うエフェクターをおすすめを紹介していきます!

前回は、『JHS PEDALS Double Barrel』でした

 

今回は、『Bogner Ecstasy Blue 』のレビューです!

 

Bognerって?

Bongnerは、ブティックアンプメーカーです

Steve Vai、B’zの松本孝弘さんなど有名なアーティストが使っている憧れのメーカーですね!

特に、1992年に発表した「Ecstasy」が代表的なアンプです

↓ こんな感じの音です


↓ BognerのHP

 
Bogner Ecstasy Blue / Red

有名なBogner EcstasyのBlueチャンネルとRedチャンネルを再現したエフェクターです!
 
↓ Blueチャンネルの再現した『Bogner Ecstasy Blue

Redと比べるときれいな分厚い音の歪みです

↓ Redチャンネルの再現した『Bogner Ecstasy Red

Redは、ハイゲインで荒々しい感じです

↓ 他にもたくさんのBognerエフェクターを出しています

 

個人的には『Bogner Ecstasy Blue 』が一番がおすすめです!

 
レビュー

私は、このエフェクターをJC120など、アンプに積極的に色付けしたい時に使います

トランジスタ系のアンプは、硬い音になってしまいやすいですが、このエフェクターを通すと音が柔らかくなって、タッチによって歪みが変わる感じになります

音は、低音が膨らんだ感じがするので『シングルコイル』のストラト、テレキャスに合う気がします!

意外にフロントピックアップでクリーントーンを作ると、甘い感じの太い暖かい音になります!

歪みは、ロックって感じのピッキングが際立つ音です

カッティング以外にはなんでも合いそうな印象です

それと、ブーストスイッチが付いて便利です!
ただブーストの微調整ができればもっと良いのになぁーと思います(ブースターの順番の変更とかトーンとか・・・)

 

あと、調整のつまみが多くて、まだまだ使いこなせてないかもしれません(笑

まだまだ未知なる音があるかもしれません・・・

高級感のあるデザインで見た目もかっこいい一台です!(笑

 

 

シングルコイルのエレキにおすすめ!
ロックな感じの太いオーバドライブ 〜 甘いクリーントーン
トランジスタ系のアンプ対策にもなる

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Bogner Ecstasy Blue Pedal 【特価】
価格:34560円(税込、送料無料) (2018/7/13時点)




The following two tabs change content below.

Shinki Takahira

サウンドクリエイター&エンジニア
【Works】 レコーディング / PA・SR / オケ制作 / 作曲 / アレンジ / ギター、ドラム、DTMレッスン

コメントを残す