レコーディング(DTM/DAW)

Let’s 宅録!! おウチでレコーディング【DTM/DAW】

Let’s 宅録!!

おウチでレコーディングしたいと思ったことはないでしょうか?

自主練のために、ボカロしてみたい、アレンジのために、デモ、プリプロ(レコーディングのための前録り)などの制作のために…etc
『家でレコーディングできたらなぁ』と思ったことないでしょうか!?

実は、簡単に家でもレコーディングできます!

宅録(家など簡易なレコーディング)のメリット
・安い
=レコーディングスタジオ、エンジニアの費用がかからない
・納得いくまで録り直しができる
・マイペースにできる
・ミスしても恥ずかしくない(笑

 




宅録、DTM、DAWってなに?

宅録=自宅録音ですね!
もう少し意味の幅を広げると、自分でレコーディングすることにも含まれそうです。

DTM=Desk Top Musicの略で和製英語らしいです(笑
PCで作る音楽と考えても良いでしょう!
もうプロ・アマ問わずほぼ100%コンピューターでレコーディングですね!

DAW=Digital Audio Workstationの略です。
PCでレコーディングするためのソフトだと思ってもらうと良いです!

 

何が必要なのか?
①PC

Mac/Windowsという選択肢がありますが、『どっちでもいいです!』
ただ安くて、ハイスペックなのは、Windowsでしょう!
Macの良さは、かっこ良さ!(笑
それと、いろいろと使ってみるとMacの操作性の快適さがあります!
あと、昔からDTMをされている方々は、もともとMacでしか動かないソフトがあったので、Macが多いですね。
私は、昔はWinでしたが、今はMacです!そして、一度Macを使うと抜け出せない・・・

PCの選び方
・Mac/Win どちらでもOK
・メモリ 8GB以上
・CPU  corei5以上
・HDD/SDD 256GB以上

SDDは高いが、早くて静かなのでおすすめ
HDDは、ファンの音をマイクで拾う可能性アリ!!

 

②オーディオインターフェイス

これ、めっちゃ重要です!
何かというとアナログ信号をデジタル信号に変換させる機械です!
安いもの〜ものすごく高いものまでありますが・・・

入出力の音質の差 / 入出力の数 / 機能などが違います!

特に、音質が違います!

安いものの音質は、高いものと比べるとやっぱり負けます・・・しょうがない・・・
声が細くなったり、ヘッドホンやスピーカーの音が細くなったり、こもったりします。
でも、違いに気づけるのか?ということもありますし、予算がありますよね・・・
なので、将来的に高いものを買った方が良いです!
音楽の仕事をされている方、目指している方は、ぜひ奮発してください!
RME,Universal Audio,APOGEE,Focusriteなど良いですよー

低予算で入門クラスのおすすめは、

STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22mkII

最初のオーディオインターフェイスには、無料のDAW(お試し版)がバンドル(セット)されているので、使いたいDAWが入っているものを買うのも良いです!

 

③DAW

DAWは、実際にレコーディングや編集をするソフトです。

・Cubase Pro 9.5 (STEINBERG)
日本で一番人気!
打ち込みに定評がありますし、ボカロはCubaseですね!

STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Pro 9.5

・Protools (AVID)
レコーディングスタジオにはこれ!!という定番です。
ミックスなどの編集はピカイチですが、打ち込みは…うーん。
将来、レコーディングエンジニアになりたいという方にオススメ!


AVID ( アビッド ) / Pro Tools

・Logic  (APPLE)
海外のアーティストがよく使っているようです!
コスパが良いです!音源のソフトも充実しているところが良いです!
ただし、Macのみ対応です!

 
・Studio One (PreSonus)
今、一番勢いがあるDAWだと思います!
安くて、いろんなプラグインが付いて、音がクリアです(空が広がったような感じ)。


PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 3 Professional
 

DAWは、音が微妙にそれぞれ違います。
しかし、入門編で重要なのは、【見た目】【使いやすさ】だと思います!
あと、周りの人が何を使っているのかも大事ですね。
バンドマンなら、よくやりとりする人と同じソフトの方が良いと思います。

 

④ヘッドホン/スタジオモニター

前に、編集を依頼された音源にノイズが乗っていましたが、依頼主は気づいていませんでした。

それは、ヘッドホンが故障していたからです(笑
(本人気づいてなかったです・・・)

ヘッドホンは大事です!
そして、『モニター用』ヘッドホンが良いです!
紹介したいヘッドホンはきりがないですが、
↓これがオススメです!日本のスタンダードですね。(海外では違いますよー)


SONY ( ソニー ) / MDR-CD900ST

 

スタジオモニターは、家の環境によって置けないですよね…
大きい音が出せないとか、、、反響がすごいとか、、、
でも、あった方がいいですし、置く工夫は大切でしょうね!

↓オススメです!安い!


YAMAHA ( ヤマハ ) / HS5 PAIR

 

⑤マイク

歌とか、楽器を録音しない人には必要ないですが…

コンデンサーマイクが良いと思います!
感度が良すぎて、反響音、電車の音、空調の音、扉の音まで入ります。

なので、録音の環境的に↑の音が入りそうであれば、ダイナミックマイクが良いですね!

《コンデンサーマイクのオススメ》
Rodeは安くて、良いです!(ちょっと高音がきつめ)


RODE ( ロード ) / NT1-A

 

《ダイナミックマイクのオススメ》
ライブの定番です!1本持っておいても損はないです!


SHURE ( シュアー ) / SM58

 

⑥MIDIキーボード

これがあると、打ち込みはOK!!
サイズは、家の大きさに合わせてですね!
大は小を兼ねるともいいますが・・・
キーボード奏者の人は、タッチなど試して買った方が良いです。
キーボードによっては、MIDIキーボード(パソコンに接続できるキーボード)の機能がついています!

《安いMIDIキーボードもあります!》


M-AUDIO ( エムオーディオ ) / Keystation 61

 

今回は、入門編ということで簡単に説明しました。

【宅録に必要なもの】
◯絶対必要
①PC
②オーディオインターフェイス
③DAW
④ヘッドホン/モニタースピーカー
●必要に応じて
⑤マイク
⑥MIDIキーボード

わからないことがあれば、またコメントください!

また、もっと知りたいということも教えていただけるとうれしいです!




The following two tabs change content below.

Shinki Takahira

サウンドクリエイター&エンジニア
【Works】 レコーディング / PA・SR / オケ制作 / 作曲 / アレンジ / ギター、ドラム、DTMレッスン

コメントを残す